SHOSENJI(浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺)

よくあるご質問(Q&A)

お問い合わせの多いご質問をQ&A形式で掲載しています。

正宣寺への参拝について

Q. いつでも参拝できますか?
A. 現在は行事の時のみご参拝いただけます。
Q. どのような行事を行っていますか?
A. 報恩講(ほうおんこう)法要、永代経(えいたいきょう)法要、春・秋の彼岸会(ひがんえ)法要、宗祖降誕会(ごうたんえ)法要、盂蘭盆会(うらぼんえ)法要、常例法座を行っております。日程、詳細につきましては、行事予定をご覧ください。
Q. 行事はどのような内容ですか?
A. 行事により多少異なりますが、基本は、勤行(ごんぎょう)(お勤め)とご法話です。
Q. 門徒(檀家)ではないのに参拝に行ってもいいですか?
A. もちろんです。お気軽にお参りください。
Q. 服装は決まっていますか?
A. 普段の服装で構いません。
Q. 何か持っていく物はありますか?
A. 念珠(ねんじゅ)数珠(じゅず))をご持参ください。門徒式章(もんとしきしょう)をお持ちの方は、ご持参ください。
Q. 参加費・会費は必要ですか?
A. 特別な行事(本山参拝など)を除き、不要です。
Q. 布施・懇志・供物は必要ですか?
A. お気持ちでいただければ結構です。
Q. 御朱印を頂くことはできますか?
A. 御朱印(ごしゅいん)は行っておりません。
Q. お守りやお札はありますか?
A. お守りやお(ふだ)は扱っておりません。
Q. 足が痛いのですが、正座しなければなりませんか?
A. 安心してください。全て椅子席となっております。
Q. 駐車場はありますか?
A. 駐車場はございません。公共交通機関をご利用いただくか、近隣のコインパーキングをご利用ください。
Q. 自転車、バイクで行きたいのですが、置く場所はありますか?
A. 自転車、ミニバイク(原付)を駐輪するスペースがございます。
Q. お寺に向かっていますが、道に迷ってしまいました…
A. 迷ってしまった場合は、電話にてお問い合わせください。アクセスの地図を見て来られても、細い路地に面しているため、多くの方が迷われます。地下鉄谷町線中崎町駅4号出口(都島通とJR大阪環状線の交差部)→善徳寺様の角を梅田方面に向かって右折→シティコーポ中崎(パスタとドリア コジコジ様)とコア・ナカザキ(ベトナム料理 ホアマイ様)の間を右折するのが1番わかりやすいルートです。

各種法要(法事)について

Q. どのような法要(法事)をお願いできますか?
A. 初盆法要、月忌(がっき)法要、祥月(しょうつき)法要、年忌法要等をお勤めいたします。
Q. 月忌法要と祥月法要の違いは何ですか?
A. 月忌法要は毎月のご命日、祥月法要は毎年のご命日にお勤めする法要です。例えばご命日が7月1日の場合、月忌法要は毎月1日、祥月法要は毎年7月1日にお勤めいたします。
Q. 年忌法要(法事)はいつ行うのですか?
A. 一周忌(亡くなった翌年)、三回忌(亡くなられた年を1として数えるため、2年後)、七回忌(6年後)、十三回忌(12年後)、十七回忌(16年後)、二十五回忌(24年後)、三十三回忌(32年後)、五十回忌(49年後)、以後50年目ごとです。
Q. ご命日に法要(法事)をしないといけませんか?
A. ご家族やご親戚の集まりやすい日程で調整していただいて構いません。また、住職の都合により日程を変更させていただく場合もございます。
Q. 友引・仏滅・大安の日に法要(法事)をしてはいけないのですか?
A. 六曜は根拠のない迷信であり、仏教とも関係ないので、どの日に法要を行っても全く問題ありません。
Q. 遠く離れた地方に所属寺院(菩提寺)がありますが、大阪(現在住んでいる場所)で法要(法事)をしたいので、お願いすることはできますか?
A. 所属のご寺院にご確認の上、了承を得てから、お問い合わせいただいた方が良いかと思います。
Q. 葬儀は葬儀社に紹介された他の寺院(お坊さん)に来ていただいたのですが、今後の法要(法事)を依頼できますか?
A. 今後の法要をお願いされていない場合は可能です。
Q. 自宅が狭いので、お寺で法要(法事)をすることはできますか?
A. 出席者が30名程度までであれば、正宣寺本堂をご使用いただけます。人数が多い場合やお食事をされる場合、梅田地区のホテルで行うこともできます。
Q. 法要(法事)でお寺を使用する際の会場費はいくらですか?
A. 使用料はいただいておりません。
Q. 法要(法事)の後、お寺の近くで食事をする場所はありますか?
A. ご紹介可能です。
Q. 引っ越しをするのですが、引き続き法要(法事)に来ていただけますか?
A. 引っ越し先が京阪神エリアであれば可能です。その他の地域の場合はご相談ください。
Q. 水子供養はできますか?
A. 浄土真宗では水子供養という特別な法要はございません。正宣寺では、この世に生まれて亡くなった方と区別することなく法要をお勤めいたします。
Q. ペット供養はできますか?
A. 浄土真宗ではペット供養という特別な法要はございません。正宣寺では、人間の"いのち"と区別することなく法要をお勤めいたします。なお、火葬設備はございませんので、引き取りをご希望の場合は大阪市環境事業センター、埋葬をご希望の場合は動物霊園等へご自身でお申し込みください。

葬儀(お葬式)について

Q. 今すぐに臨終勤行(枕経)をお願いできますか?
A. 電話にてお問い合わせください。
Q. 明日、お通夜をお願いできますか?
A. 電話にてお問い合わせください。
Q. 葬儀社が決まっていないので、手配していただけますか?
A. ご紹介可能です。
Q. 遠く離れた地方に所属寺院(菩提寺)がありますが、大阪(現在住んでいる場所)で葬儀をしたいので、お願いすることはできますか?
A. 所属のご寺院にご確認の上、了承を得てから、お問い合わせいただいた方が良いかと思います。
Q. お布施はいくらですか?
A. お布施は儀式や読経の料金ではないため、金額を提示することはありません。全く予想できずお困りの場合は、お問い合わせください。
Q. 戒名料はいくらですか?
A. 浄土真宗では戒名(かいみょう)ではなく、法名(ほうみょう)といいます。本来、法名は生前に本山(ほんざん)(本願寺)で帰敬式(ききょうしき)を受式してご門主さまよりいただくものですが、生前に受式できなかった場合は、葬儀時にご門主さまに代わって住職よりいただくことができます。この場合、費用はかかりません。院号(いんごう)をご希望の場合は、宗門へ懇志をご進納いただきます。
Q. 葬儀当日にお布施をお渡しできないので、クレジットカード(デビットカード)でお支払いすることはできますか?
A. クレジットカードやデビットカードでの決済については、現時点では対応しておりません。後日お預かりすることや、銀行振込は可能です。
Q. 葬儀の日が友引となるので、日程を変更できますか?
A. 六曜は根拠のない迷信であり、仏教とも関係ないので、友引の日に葬儀を行うことは全く問題ありません。
Q. 49日の期間が3か月にまたがるとよくないと聞いたので、忌明け法要を早めにすることはできますか?
A. 「始終苦(しじゅうく)()につく(四十九が三月)」という語呂合わせから生まれた俗習であり、その必要はありません。亡くなられた日から数えて49日の期間を中陰(ちゅういん)といい、七七日(49日目)を満中陰(まんちゅういん)といいます。満中陰の日にご家族やご親戚が集まることができない場合、週末などに日程を変更して満中陰法要をお勤めすることはできます。
Q. お焼香のやり方がわかりません…
A. 浄土真宗本願寺派(西本願寺)での作法は、お焼香の作法をご覧ください。他の宗派の方は、それぞれの作法でお焼香していただければ結構です。
Q. 生前の事前予約はできますか?
A. 事前にご相談いただけます。

各種儀式について

Q. 初参式はできますか?
A. 子どもが初めて神社にお参りすることを「お宮参り」といいますが、浄土真宗では、初めてお寺にお参りする儀式を「初参式(しょさんしき)」といいます。家族にとっても、仏さまの前において、新しいいのちの誕生をよろこび、生かされて生きる縁を聞法する大切な儀式です。正宣寺では、どなた様でも初参式をご家族のみで執り行うことができます。
Q. 地鎮祭、上棟式、竣工式をお願いできますか?
A. 浄土真宗では、起工式、上棟式、竣工式を行います。
Q. 会社行事として行うので、領収書を頂くことはできますか?
A. 領収書の発行は可能です。

お仏壇・お墓について

Q. 新しくお仏壇を購入する際に注意する点はありますか?
A. お部屋の雰囲気などに合わせて、お好きなお仏壇を購入していただいて構いませんが、中に掛ける本尊(ほんぞん)、お脇掛はご本山からお迎えします。また、中に安置する際には入仏式をお勤めいたします。
Q. 誰も家族が亡くなっていないのにお仏壇を買うのはよくないと聞いたのですが…
A. 心の拠り所となるお仏壇を安置することは良いことです。「仏壇を購入すると不幸が起こる」などという根拠のない迷信にはとらわれないようにしましょう。
Q. 引っ越しをするので、お仏壇の魂抜き(お性根抜き)、魂入れ(お性根入れ)をお願いできますか?
A. 浄土真宗では、魂を入れ替えるということはいたしません。お仏壇を移動する際は、遷仏式、入仏式をお勤めいたします。
Q. 引っ越し先にお仏壇を置くスペースがないのですが…
A. ニッチ(飾り棚)や家具の上に置くことができる扉付きのご本尊(最小:高さ17.2cm×幅10.3cm×奥行2.9cm)がございます。巾着袋が付属していますので、持ち運びも簡単です。
Q. お仏壇に位牌を置いてはいけないのですか?
A. 浄土真宗では、法名、俗名、命日などを位牌(いはい)ではなく、過去帳に記入するのが基本です。位牌を置く場合でも、その中に故人の魂が宿っていると考えてはいけません。この世でのいのちを終えた後、浄土に生まれて阿弥陀さまと同じ仏になるのですから、ご本尊を礼拝いたします。
Q. 過去帳はお仏壇の中に開いて置いておかなければなりませんか?
A. 過去帳は、法名、俗名、命日などを記録するものであり、礼拝の対象ではありませんので、お仏壇の中に置いておく必要はありません。お仏壇の引き出しに収めておいても構いませんし、お仏壇の見台に置いて日めくりカレンダーのように毎日ご先祖の方々のご命日を確認していただいても構いません。
Q. 朝食はパン派なので、夜にご飯をお供えしてもいいですか?
A. お仏飯は、毎朝お供えし、昼までに下げていただくのが原則ですが、ご飯を炊いたタイミングでお供えし、仏さまにごあいさつした後、すぐに下げていただいても構いません。また、ご飯を炊かない日はパンをお供えするのも良いでしょう。
Q. お仏壇の仏具はどのように置くのが正解ですか?
A. お仏壇のお荘厳をご覧ください。
Q. お墓や納骨堂はありますか?
A. 正宣寺には墓地、納骨堂はございません。
Q. 永代供養はできますか?
A. 浄土真宗では永代供養という特別な法要はございません。お墓参りができない場合は、親鸞聖人のお墓がある大谷本廟に納骨していただき、正宣寺で永代経(永遠代々にわたって読経すること)をお勤めいたします。
Q. 納骨をするので、読経をお願いできますか?
A. お勤めいたします。
Q. お墓を建てたので、開眼法要(魂入れ)をお願いできますか?
A. 浄土真宗では、建碑式をお勤めいたします。
Q. お骨をお墓や納骨堂に納めるまでの間、一時的に預かっていただけますか?
A. お預かりいたします。

その他

Q. 浄土真宗の教学(教え、お聖教の内容など)について教えてください。
A. 浄土真宗本願寺派総合研究所内「いのちと念仏」相談センターにて、専門職員が教学相談に対応いたします。
Q. 家族関係や人生の不安などの悩みを相談したいのですが…
A. 浄土真宗本願寺派総合研究所内「いのちと念仏」相談センターにて、臨床心理専門員が心の悩み相談に対応いたします。
Q. 書道教室の受講申し込み、体験見学をしたい。
A. 書道教室に関するお問い合わせは、ご講師の中村先生まで直接お願いいたします。
Q. 大阪市浪速区の正宣寺にお問い合わせをしたい。
A. 大阪市浪速区の正宣寺様のお問い合わせ先はこちらです。
Q. 近く(大阪市北区周辺以外)の浄土真宗本願寺派(西本願寺)のお寺にお問い合わせをしたい。
A. 下記サイトにて浄土真宗本願寺派(西本願寺)の寺院を探すことができます。紹介を希望される場合はお問い合わせください。
大阪府
大阪教区寺院検索
兵庫県(岡山県の一部を含む)
兵庫教区寺院検索
京都府
京都教区寺院検索
関東地区・山梨県・静岡県
東京教区寺院一覧
愛知県・岐阜県・三重県
東海・岐阜教区寺院検索
福岡県(一部地域を除く)
福岡教区寺院検索
北海道
北海道教区寺院一覧
その他の地域
本願寺別院・教堂・会館等一覧

前のページに戻る

表示モード切り替え