SHOSENJI(浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺)

秋の彼岸会法要

2013年9月18日(水) 14:00~

秋の彼岸会法要 9月18日(水)午後2時より 講師:本願寺派布教使 都呂須孝文師(大阪・吹田市 光明寺住職) 彼岸とは元々は「煩悩を脱した悟りの境地」のことで、煩悩や迷いに満ちたこの世をこちら側の岸「此岸」(しがん)と言うのに対して、向う側の岸を「彼岸」といいます。しかし私たちは煩悩に眼がさまたげられて悟りの世界を見ることができません。ただ仏さまの教えの言葉、親鸞聖人の教えの言葉によって真実の世界に会うことができます。教えの言葉に出会うことによって豊かな人生が開かれるのかを、共に味わってみたいと思います。

ご講師プロフィール

名前 都呂須 孝文(とろす・こうぶん)
略歴 本願寺派布教使
光明寺(大阪・吹田市)住職

タイムテーブル

14:00 お勤め『正信念仏偈』
14:30 ご法話(途中休憩10分)
16:00 恩徳讃、閉会

前のページに戻る

表示モード切り替え