SHOSENJI(浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺)

門徒

 門徒(もんと)とは「一輩」、つまり1つの宗門の仲間という意味で広く使われています。

 この門徒の立場を最もよく表すものとして、「御同朋(おんどうぼう)御同行(おんどうぎょう)」という親鸞聖人のお言葉があります。念仏者は、世間の地位や男女・年齢などあらゆる違いをこえて、一切が平等であり友であると言われました。

 仏さまに救われることをよろこぶ人は、全世界すべて兄弟・姉妹であり、それが門徒なのです。

前のページに戻る

表示モード切り替え