SHOSENJI(浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺)

門徒

 門徒(もんと)とは「一輩」、つまり1つの宗門の仲間という意味で広く使われています。

 この門徒の立場を最もよく表すものとして、「御同朋(おんどうぼう)御同行(おんどうぎょう)」という親鸞(しんらん)聖人のお言葉があります。念仏者は、世間の地位や男女・年齢などあらゆる違いをこえて、一切が平等であり友であると言われました。

 仏さまに救われることをよろこぶ人は、全世界すべて兄弟・姉妹であり、それが門徒なのです。

門徒登録について

 当寺院での門徒登録を希望される方は、下記内容をご確認の上、「門徒登録申出書」「個人情報の第三者提供に関する同意書」をご提出願います。

 浄土真宗本願寺派における門徒とは、「宗門(浄土真宗本願寺派)の目的(*)を遵奉し、本山(本願寺)に帰向し、寺院に所属して、その寺院備付の門徒名簿に登録された者」をいい、次の事項が定められています。

門徒に関する規定
門徒は、宗門・本山・所属寺院の護持発展に努めなければなりません。
門徒は、帰敬式を受けるものとします。
門徒は、宗派の経費(賦課金)を負担する義務を負います。
門徒は、責任役員の決定に従い、所属寺院の護持発展に必要な経費を負担するものとします。ただし、特別な法要儀式等の重要な事項に関する経費の負担は、責任役員が門徒総代の意見を聞いて決定したところによるものとします。
門徒は、宗門の規則に基づいて、宗門の運営に参与することができます。
門徒は、宗門の規則に基づいて、宗門から褒章・懲戒を受けます。
*親鸞聖人を宗祖と仰ぎ、門主を中心として、宗制を遵守する個人並びに本山その他寺院及び団体を包括し、浄土真宗の教義をひろめ、法要儀式を行い、僧侶、寺族、門徒、信徒その他の者を教化育成し、自他共に心豊かに生きることのできる社会の実現に貢献すること

 次のいずれかに該当する方は、当寺院での門徒登録はできません。

門徒登録ができない方
浄土真宗本願寺派の僧侶・寺族
他の浄土真宗本願寺派寺院に所属する門徒(門徒が所属する寺院を転換するときは、あらかじめ所属寺院の住職の了解を得なければなりません)

 次のいずれかに該当する場合は、当寺院の門徒名簿から抹消いたします。

門徒登録の抹消
門徒本人から「門徒登録抹消申出書」が提出された場合
門徒の本分にそむき、責任役員の過半数の同意を得た場合
死亡・行方不明等の場合

門徒の基準は、寺院によって異なる場合があります。正宣寺では、門徒登録を希望されない場合、信徒(門徒以外の者で、浄土真宗の教えを聞信する者)として各種法要をお勤めいたします。

前のページに戻る

表示モード切り替え