SHOSENJI(浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺)

文字サイズ

宗祖降誕会

日時

2018年4月1日(日)14:00~

行事説明

浄土真宗の宗祖である親鸞聖人は、1173年5月21日(旧暦承安3年4月1日)にお生まれになりました。本願寺では1875年より、この日を「降誕会(ごうたんえ)」と名づけ、親鸞聖人のご誕生を祝って、多くの行事が催されています。仏教で一般に行事といえば、人が亡くなってからの年忌法要等が多い中で、お釈迦さまのお誕生日を祝う「花まつり」と並んで、親鸞聖人の「降誕会」が毎年行われていることは、私たちにとって特別に意義の深いことであります。親鸞聖人のご誕生をお祝いさせていただくとともに、阿弥陀さまのお心をいただき、お念仏の人生を歩ませていただきましょう。

ご講師

三原 雄高(みはら ゆたか) 師(大阪・西区 浄徳寺副住職)
大野 孝顕(正宣寺住職)

タイムテーブル

14:00 勤行「宗祖讃仰作法 音楽法要」
14:30 正宣寺30周年の取り組みについて(若院)
14:45 休憩
14:55 法話(三原雄高師)
15:15 休憩
15:20 法話(住職)
15:55 恩徳讃、住職挨拶

前のページに戻る