SHOSENJI(浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺)

文字サイズ

初参式

初参(しょさん)式とは、子どもが誕生して初めてお寺にお参りする儀式です。仏さまの前において、新しいいのちの誕生をよろこび、生かされて生きる縁を聞法(もんぼう)する人生最初の大切な儀式です。

初めて神社にお参りすることを「お宮参(みやまい)り」といいますが、浄土真宗では、初めてお寺にお参りする儀式を「初参式」といいます。

受式対象者

初めてお寺にお参りされるお子様

  • 初参児と同伴者のみで執り行うことができます。原則として、他のご家族と同時には行いません。
  • 受式の目安は、生後100日目~1歳頃とされていますが、年齢に制限はございません。「七五三」の参拝も承っております。

受式場所

正宣寺本堂

初参式についての消息

初参式についての消息

プログラム

  • 1.一同着席
  • 2.開式の言葉
  • 3.念珠(ねんじゅ)授与
  • 4.住職焼香着席
  • 5.勤行(ごんぎょう)讃仏偈(さんぶつげ)
     参拝者焼香
  • 6.礼讃文(らいさんもん)
  • 7.「初参式についての消息」
  • 8.お祝いのことば
  • 9.記念品贈呈
  • 10.記念撮影
  • 初参式プログラム

記念品

当寺で初参式を受式された方には、以下の記念品を贈呈いたします。

  • 念珠
  • 初参式記念「いのちのであい」
  • 合掌人形(2018年5月までに受式の方)
  • 西本願寺限定リラックマグッズ(2018年6月以降に受式の方)

ご家族にてご準備いただくことや、内容の変更も可能です。

前のページに戻る