SHOSENJI(浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺)

蓮如上人と大阪

 昨年7月に、本願寺第8代蓮如(れんにょ)上人の500回忌法要を、平成10年(1998)に迎えるための、懇志上納のお願いをいたしました。皆様には気持ちよく、早速に応じて頂き、現在では本願寺より要請のあった目標額に、殆ど手のとどく所まで参りました。皆様のご協力に心よりお礼を申し上げます。

 この蓮如上人は中興(ちゅうこう)()といわれるように、宗祖親鸞(しんらん)聖人と並んで、私達の浄土真宗にとって大切なお方であると共に、大阪人にとっても恩人であります。

 蓮如上人の『御文章(ごぶんしょう)』に

当国摂州東成郡生玉の庄内大坂といふ在所は、往古よりいかなる約束のありけるにや

とあり、「大坂」という地名が最初にあらわれた文献が、この『御文章』だといわれています。

 この「大坂」の地名が現在の大阪城のあたりであり、明応5年(1496)に上人は小さな寺をここに建立されました。当時京都の山科(やましな)にあった本願寺が、その後、六角定頼(ろっかくさだより)と日蓮衆徒らに焼かれたため、本願寺をこの大坂の地に移すことになりました。するとたちまち本願寺を中心として、主に商工業者等の町人による、2000軒をこす家屋の集まった、寺内町(じないちょう)という1つの都市が造られました。これが大阪の都市化の最初です。

 その後、戦国時代には信長と本願寺は10年におよぶ戦争を繰り広げ、ついに本願寺は退去しました。それから約10年、天正19年(1591)に、秀吉が京都六条に寺地を寄進して建立せられたのが、今の西本願寺であります。

 大阪冬の陣、夏の陣で焼きはらわれた大阪の町が、北御堂(津村別院)、南御堂(難波別院)を中心として復興され、それより商都として繁栄し、今では北と南の両御堂を結ぶ御堂筋が、その動脈として息づいています。

 このように蓮如上人は、真宗の流れに浴する私達にとって大切なお方であると共に、今日の商都、国際都市としての大阪の地を最初に見い出された点で、大阪人の偉大な恩人でもあります。

前のページに戻る

表示モード切り替え