SHOSENJI(浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺)

合掌・礼拝の作法

 阿弥陀如来(あみだにょらい)へのごあいさつは、合掌(がっしょう)礼拝(らいはい)にはじまり合掌・礼拝におわります。礼拝は「(いの)る」ことではなく、「仏様のお徳をたたえ敬うこと」です。(りき)まず自然な気持ちで行いましょう。
 各宗派によって少し異なっているようですが、浄土真宗本願寺派(西本願寺)での作法は以下の通りとなっています。

合掌は、両手を胸の前に合わせて、指をそろえて約45度上方にのばし、念珠(ねんじゅ)をかけて親指でかるく押さえます。両ひじをはらずにご本尊(ほんぞん)を仰ぎ、「南無阿弥陀仏」とお念仏(ねんぶつ)をとなえます。

礼拝は、合掌したまま上体(じょうたい)を約45度かたむけてお礼をし、上体をおこしてから合掌をときます。

合掌の前にお(りん)を鳴らすことはしません。

前のページに戻る

表示モード切り替え