SHOSENJI(浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺)

法名・院号

法名

 「法名(ほうみょう)」とは、仏法(ぶっぽう)帰依(きえ)し、お釈迦さまの弟子となった者の名前です。本山(ほんざん)(本願寺)で帰敬式(ききょうしき)(おかみそり)を受式されますと、ご門主(もんしゅ)さまから「(しゃく)○○」という法名をいただきます。

 法名はすべて2字とし、お釈迦さま(釋尊(しゃくそん))の1字をいただいた「釋」の字を上に冠します。念仏者として信に生きる者の名前ですから、できるだけ生きている時にいただきましょう。

 帰敬式を受式していない方が亡くなった場合は、ご門主さまに代わって住職よりいただくことができます。

 浄土真宗では法名といい、戒名(かいみょう)とはいいません。戒名とは、受戒して厳格な戒律を守って修行する人びとにつけられる名です。戒律の1つも守ることのできないこの私たちを必ず救い、浄土へ迎えるという阿弥陀さまのはたらきを「法」と呼び、その中に生きるのです。また、法名には「信士・信女・居士・大姉」等の修行生活の形態をあらわす位号はつけません。

 浄土真宗本願寺派本願寺(西本願寺)での帰敬式受式冥加金(みょうがきん)は、成人10,000円、未成年5,000円です。法名の内願(ないがん)(希望する法名をいただく)をご希望の場合は、別途10,000円以上の内願法名懇志(こんし)をご進納(しんのう)ください。
各種お申込み(本願寺ホームページ)

法名の内願につきましては、住職からの申請が必要となりますので、お問い合わせください。

正宣寺では、法名にかかる費用はいただいておりません。

院号

 「院号(いんごう)」とは、「院」を最後に付ける称号です。「院」とは「垣根をめぐらせた大きな建物」を指す言葉で、もともとは天皇の退位後の住まいの呼び名でした。平安時代初期に嵯峨天皇が譲位し上皇となって出家した後、嵯峨院という寺院を造営し移り住み、自ら「嵯峨院」と称するようになります。天台宗においても、円仁(えんにん)が「前唐院」、安然(あんねん)が「五大院」などと称し、寺院に住む僧侶を院号で呼ぶ風習が起こりました。

 その後、各宗派で戒名や法名の上に院号を冠して用いることが一般化していきました。10世紀の終わり、藤原兼家(ふじわらのかねいえ)が天皇・皇族・僧侶以外で初めて「法興院」を称しています。本願寺では、蓮如(れんにょ)上人が「信証院」と称されたことに始まるとされています。

 現在では、宗門の護持発展に貢献(こうけん)された方、または、宗門もしくは社会に対する功労が顕著であると認められた方に「○○院」という院号が宗門より授与されます。浄土真宗本願寺派では、規定に基づき、次の基準で院号が授与されることが定められています。

院号授与基準
在任年数が20年を超えた住職または坊守
寺院の責任役員を通算12年(3期)以上経歴された方
寺院の門徒総代を通算20年(5期)以上経歴された方
宗門の護持発展に貢献された方(僧侶、本願寺の門徒総代・参与等)が亡くなられた場合
宗門(宗派または本山)に永代経(えいたいきょう)懇志(200,000円以上)をご進納された場合
その他宗門より認められた場合

 永代経懇志とは、み教えが永代経対象者(故人または懇志進納者本人等)をご縁に、本願寺、大谷本廟において伝えられていくことを願うことから、ご進納いただく懇志であります。
門徒講懇志および諸懇志一覧表

一般寺院・僧侶が院号を付与することはできません。院号を内願する場合も、宗門へ申請し、宗門より授与いただきます。

永代経懇志につきましては、所定の申請手続きが必要となりますので、お問い合わせください。

正宣寺では、院号にかかる費用はいただいておりません。懇志は全て宗派(浄土真宗本願寺派)または本山(本願寺)にご進納いただきます。

前のページに戻る

表示モード切り替え