SHOSENJI(浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺)

文字サイズ

葬儀

葬儀(そうぎ)(お葬式(そうしき))とは、葬場で故人のご遺族や有縁の方々が集まって行う勤行(ごんぎょう)です。

葬送儀礼で行う法要儀式

故人を(ほうむ)るにあたって行われる、一連の法要や儀式のことを葬送儀礼(そうそうぎれい)といいます。いずれも故人の往生をご縁として仏法に遇い、故人も(のこ)った方も阿弥陀さまにひとしく摂取されている恩徳に報謝する仏事です。

臨終勤行

本来は命終に臨む本人が、阿弥陀さまへの報恩感謝の儀式として行う勤行ですが、多くの場合、命終の後に故人に代わって僧侶と故人のご親族でお勤めいたします。勤行はご本尊の前で行い、その場所が故人の枕元にあたる場合が多いことから、枕経といわれることもあります。

通夜勤行

葬儀の前夜に、ご遺族や有縁の方々が仏前に集まって行われる勤行です。

出棺勤行

本来は故人の(ひつぎ)をご自宅から斎場へ送り出す際に、ご自宅に安置されているご本尊を前に行う勤行ですが、多くの場合、葬場勤行と併せてお勤めいたします。

葬場勤行

葬場で行う勤行です。ご遺族や有縁の方々が集まって行われ、本願寺派では、蓮如(れんにょ)上人の頃から「正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)」の勤行が用いられています。

火屋勤行

火葬の前に行う勤行です。

還骨勤行

収骨後にご自宅にかえってから行う勤行です。ご希望により、初七日の中陰(ちゅういん)法要を繰り上げて斎場で併修する場合もあります。

本来は納棺時に納棺勤行、収骨時に収骨勤行を行います。(ご希望によりお勤めいたします)

後悔しない葬儀

浄土真宗本願寺派における葬送儀礼の流れや、葬儀をするにあたり後悔しないヒント等についてご説明しております。
「後悔しない葬儀」(「御同朋の社会をめざす運動」大阪教区委員会発行)

お焼香の作法

浄土真宗本願寺派での正しいお焼香(しょうこう)の作法は、お香を(ひたい)におしいただかず、回数は1回です。
仏事あれこれ「お焼香の作法」
仏事あれこれ「葬儀の焼香順位」

法名・院号

生前に帰敬式(ききょうしき)を受式されていない場合は、住職がご門主さまに代わって棺の中の故人に対して剃髪式(ていはつしき)(おかみそり)を行い、法名(ほうみょう)をいただきます。浄土真宗では法名といい、戒名(かいみょう)とはいいません。院号(いんごう)は宗門より授与いただくものです。
仏事あれこれ「法名・院号」

浄土真宗本願寺派では行わない風習

  • 棺の上に小刀(守り刀)等を置く必要はありません。小刀を入れる錦の袋の紐が、棺の上にかける七条袈裟(しちじょうげさ)の組紐(修多羅(しゅたら))に似ているために代用することもありません。
  • 荘厳壇(しょうごんだん)(祭壇)に、ご飯を盛りつけお箸を突き立てたお茶碗(枕飯(まくらめし))は供えません。また、出棺の時に、そのお茶碗を割ったりはしません。故人が愛用された品は、ご遺族、ご親族、ご友人等が大切に保管するか、お墓等に納めましょう。
  • 香炉(こうろ)の中にお線香(せんこう)は立てません。横に寝かせてお(そな)えします。荘厳壇(祭壇)前には、お線香用の香炉とは別に、お焼香用の香炉を用意します。弔問客には次々にお線香を立てていくのではなく、お焼香をしていただきましょう。

よくあるご質問

葬儀(お葬式)に関して(Q&A)

前のページに戻る