SHOSENJI(浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺)

お焼香の作法

 お焼香(しょうこう)は、お葬式やご法事などで行うことがあると思いますが、正式にはどのようにするのか知らないことが多いようです。
 お焼香の作法は各宗派によって少し異なっているようですが、浄土真宗本願寺派(西本願寺)での作法は以下の通りとなっています。

立ってお焼香を行う場合

1.焼香(じょく)の手前で立ち止まって一礼(いちれい)し、左足から卓の前に進みます。

2.香盒(こうごう)(お香を入れる器)のふたが閉じている場合、ふたを右手でとり、香盒の右(ふち)にかけます。

3.右手でお香を1回だけつまみ、そのまま香炉(こうろ)に入れます。

4.後にお焼香を行う方がいない場合、香盒のふたを閉じます。

5.合掌(がっしょう)して「南無阿弥陀仏」とお念仏(ねんぶつ)をとなえてから礼拝(らいはい)します。

6.右足から後退し、立ち止まって一礼し退きます。

座ってお焼香を行う場合

1.焼香卓の手前で立ち止まって一礼し、左足から卓の前に進み、座ります。

2.香盒のふたが閉じている場合、ふたを右手でとり、香盒の右縁にかけます。

3.右手でお香を1回だけつまみ、そのまま香炉に入れます。

4.後にお焼香を行う方がいない場合、香盒のふたを閉じます。

5.合掌して「南無阿弥陀仏」とお念仏をとなえてから礼拝します。

6.立ち上がって右足から後退し、立ち止まって一礼し退きます。

浄土真宗本願寺派では行わない作法

お香を(ひたい)おしいただくことはしません

お香を香炉に入れる前に合掌はしません。

お焼香は1回だけです。

お焼香の時、(きん)・お(りん)を鳴らすことはしません。

線香(せんこう)を用いる場合は、短く折って火をつけ、香炉(こうろ)の中に必ず横にして(そな)えます。浄土真宗では線香は立てません

前のページに戻る

表示モード切り替え