SHOSENJI(浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺)

文字サイズ

中陰法要

中陰(ちゅういん)法要とは、故人が往生されてから49日の間、7日ごとにお勤めする法要です。七七日(49日)の法要を(まん)中陰といいます。

浄土真宗においては、中陰法要は追善(ついぜん)供養ではなく、故人の往生をご縁として仏法に遇い、故人も(のこ)った方も阿弥陀さまにひとしく摂取されている恩徳に報謝する思いでお勤めいたします。

お勤めする日

往生された(亡くなられた)日から49日目までの7日ごと

満中陰は、ご家族やご親族の集まりやすい日程でお勤めいたします。

中陰表

往生日:

初七日 7日目(6日後)
二七日 14日目(13日後)
三七日 21日目(20日後)
四七日 28日目(27日後)
五七日 35日目(34日後)
六七日 42日目(41日後)
満中陰(七七日) 49日目(48日後)

本来は上記の通り7日ごとに行う法要ですが、ご希望により初七日(しょなのか)を繰り上げて還骨法要と併せてお勤めする場合や、二七日~六七日を省略する場合等もあります。

お勤めする場所

ご自宅のお仏壇(正宣寺本堂でのお勤めも可能です)

満中陰は、ご家族やご親族の集まりやすい場所で調整してください。

中陰のお参り

中陰は、インドと中国と日本の考え方が重なり成立しました。
仏さまのお話し「中陰のお参り」

よくあるご質問

法要(法事)に関して(Q&A)

前のページに戻る