浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺

文字サイズ

報恩講法要

新型コロナウイルス感染症に関する対応について

正宣寺報恩講法要 2020年11月1日(日)14:00~ 講師:本願寺派布教使 尾寺俊水師(山口・下関市 清徳寺住職)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に基づいた対策を実施するとともに、開催方法を変更いたします。

  • 密集、密接を避けるため、本堂へのご参詣は事前申込制とし、参詣者数を制限いたします。
  • 聞法印集め(スタンプカード)の押印またはポイント付与、茶菓の提供は、休止いたします。
  • 本堂への入場制限に伴い、YouTube 正宣寺公式チャンネルでライブ配信を実施いたします。

今後の状況によっては、さらなる変更の可能性があります。国、大阪府または大阪市から緊急事態宣言や自粛要請等が出された場合、参詣者の受け入れを中止し、ライブ配信のみ実施いたします。

日時

2020年11月1日(日)14:00~15:35

行事説明

報恩講(ほうおんこう)」とは、真実のみ教えをお示しくださった親鸞聖人(しんらんしょうにん)に感謝し、阿弥陀(あみだ)さまのお救いをあらためて心に深く味わわせていただく、1年でもっとも大切なご法要です。

「報恩講」という名称は、親鸞聖人のひ孫である本願寺(ほんがんじ)第3代覚如上人(かくにょしょうにん)が、親鸞聖人の33回忌(かいき)にあわせて『報恩講私記(しき)』を著されたことに由来しています。

以来、700年を超える歴史の中で、先人(せんじん)たちが親鸞聖人ご命日の法要を「報恩講」として脈々と受け継ぎ、今日まで大切にお勤めしてきました。

本願寺(西本願寺)での御正忌(ごしょうき)報恩講は1月9日~16日に行われ、この期間の前後に全国の浄土真宗のお寺でも報恩講をお勤めいたします。

ご講師

尾寺俊水(おでらしゅんすい)

本願寺派布教使
清徳寺(山口・下関市)住職

今後の状況により、ご講師が変更になる場合があります。

タイムテーブル

14:00

お勤め「奉讃大師(ほうさんだいし)作法 第一種」
導師 住職
※結衆出勤はございません。

  • 三奉請(さんぶじょう)
  • 頌讃(じゅさん)
  • 正信偈(しょうしんげ)
  • 念仏(十一句) 「阿弥陀仏(あみだぶ)…」
  • 回向句(えこうく)願以此功徳(がんにしくどく)…」

14:30

ご法話(60分、途中休憩なし)
講師 尾寺俊水師

15:30

住職挨拶

報恩講に思う

報恩講をお勤めするのは、お念仏のみ教えを喜び、味わせていただくと共に、そのお念仏のみ教えをおすすめくださった親鸞聖人のご遺徳のほどをしのぶためです。

リーフレット「報恩講をご縁に(7)」

稲城選惠(いなぎせんえ)和上の法話「生死出(しょうじい)づべき道」、本文「いのちのつながりのなかで生きている」、親鸞聖人の生涯、報恩講の説明等が掲載されています。

事前申込方法

本堂へのご参詣については、7日前の14:00から事前申込を受け付けます。定員になり次第、締め切りとさせていただきます。

お申込みの際の注意事項

  • 当日、ご参詣前に必ず検温と体調確認を実施し、発熱や軽度であっても咳、喉の痛み等の症状がある場合は、ご連絡のうえ、ご参詣をお控えください。
  • 開場は開始10分前(13:50)です。
  • マスクをご持参いただき、屋内では常時マスクを着用してください。
  • 万が一感染が発生した場合、保健所等の公的機関による聞き取りに協力するため、お預かりした個人情報について提供を行う場合がございます。予めご了承ください。

正宣寺オンライン予約
受付期間 2020年10月25日(日)14:00~

よくあるご質問

参拝に関して(Q&A)

前のページに戻る