浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺

文字サイズ

春季彼岸会

新型コロナウイルス感染症に関する対応について

日時

2021年3月1日(月)14:00~15:30(開場13:50)

ご講師

山本攝叡(やまもとせつえい)

1948年、大阪府高槻市生まれ。
1967年、父・山本佛骨が浄土真宗本願寺派 横玉山 定専坊(大阪市東淀川区)の住職に就任し、家族とともに入寺。龍谷大学に学んで僧侶となり、1996年、父の死に伴い、17世住職に就任。大阪府高槻市にある本願寺派僧侶の教育機関・行信教校の講師を務める。
本願寺派輔教、本願寺派布教使。

オンライン配信

ライブ配信

当日14:00からYouTube 浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺チャンネルでライブ配信を実施いたします。どなたでもご視聴いただけます。(終了いたしました)

DVR機能(一時停止、巻き戻し、再開)、アーカイブ配信の提供はございません。

ライブ配信の通知を受け取るには、チャンネル登録後、通知ベルのアイコンをタップし、ベルが鳴っているアイコン (すべての通知を受け取る設定)に変更してください。

期間限定配信

2022年2月28日(月)まで、YouTube 浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺チャンネルで配信を実施いたします。
https://www.youtube.com/shosenji

彼岸会とは

「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、四季の変化に富む日本で、この春秋の彼岸の好季節を選んで、仏道修行の時期と定めて仏事が行われていることは、本当に意義の深いことであります。
住職のつぶやき「彼岸会とは」

Instagram

前のページに戻る