浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺

文字サイズ

秋季彼岸会

秋季彼岸会 2019年9月1日(日)14:00~ 講師:喜多唯信 師(大阪・泉佐野市 光瀧寺住職) どなた様でもお気軽にお参りください

日時

2019年9月1日(日)14:00~16:00

行事説明

彼岸(ひがん)とは、元々は「煩悩を脱した悟りの境地」のことで、煩悩や迷いに満ちたこの世をこちら側の岸「此岸(しがん)」と言うのに対して、向こう側の岸を「彼岸」といいます。しかし私たちは煩悩に眼がさまたげられて悟りの世界を見ることができません。ただ仏さまの教えの言葉、親鸞聖人の教えの言葉によって真実の世界に会うことができます。教えの言葉に出会うことによって豊かな人生が開かれるのかを、共に味わってみたいと思います。

ご講師

喜多唯信(きた ゆいしん)

光瀧寺(大阪・泉佐野市)住職
本願寺派布教使

タイムテーブル

14:00 お勤め「正信念仏偈」
14:30 ご法話(途中休憩10分)
16:00 恩徳讃、住職挨拶

彼岸会とは

「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、四季の変化に富む日本で、この春秋の彼岸の好季節を選んで、仏道修行の時期と定めて仏事が行われていることは、本当に意義の深いことであります。
住職のつぶやき「彼岸会とは」

お彼岸参り

ご自宅のお仏壇等でのお彼岸参りのご依頼を承っております。

Instagram

この投稿をInstagramで見る

【秋季彼岸会】 ようこそのお参りでございました。 ご講師に喜多唯信先生をお迎えし、阿弥陀さまのみ教え、親鸞さまのみ教えを共々にお聴聞させていただきながら、お味わいをさせていただきました。 -------- 人身受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。この身今生にむかって度せずんば、さらにいずれの生にむかってかこの身を度せん。大衆もろともに、至心に三宝に帰依したてまつるべし。 みずから仏に帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、大道を体解して、無上意をおこさん。 みずから法に帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、ふかく経蔵に入りて、智慧海のごとくならん。 みずから僧に帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、大衆を統理して一切無碍ならん。 無上甚深微妙の法は、百千万劫にもあい遇うことかたし。われ今見聞し受持することをえたり。願わくは如来の真実義を解したてまつらん。 (礼讃文-三帰依文-) -------- 彼岸(あちら側の岸)とは、おさとりの領域であるお浄土、此岸(こちら側の岸)とは、人間の娑婆世界のことです。 此岸から彼岸へ共に歩みを続けていきましょうと、私を常に見守ってくださっている仏さま。それが阿弥陀という仏さまであります。 お彼岸の時期になりましたら、ご自身のいのちと向き合ってみてはいかがでしょうか。 #浄土真宗 #本願寺派 #浄土真宗本願寺派 #正宣寺 #寺 #お寺 #中崎町 #大阪 #日本 #お彼岸 #法座 #jodoshinshu #hongwanjiha #jodoshinshuhongwanjiha #shosenji #temple #buddhisttemple #nakazakicho #osaka #japan #higan #sermon

浄土真宗本願寺派 光寿山 正宣寺さん(@shosenji)がシェアした投稿 -

前のページに戻る